助成金について

助成金の交付について

当院は、旭川市長や北海道知事より「特定不妊治療指定医療機関」として指定されています。助成金は不妊治療を受けている方の経済的負担を軽減するために実施されています。助成金制度は予告なしに変更となる場合がありますので、助成を受けられる時は事前に確認をお願い致します。

助成を受けることができる方

以下の全てに該当する方が適用となります。

  1. 申請日にご夫婦またはどちらかの住民票が旭川市にある方
  2. 法律上の婚姻をしているご夫婦
  3. 市が指定した医療機関で治療を受けた方
  4. 夫婦の前年の所得が730万円未満

雑損・医療費控除等は除くので、詳しくは【旭川市保健所 保健指導課 母子保健係】にお問い合わせください。

  • [電話]0166-26-1111(内線2967)
  • [受付時間] 9:00?16:00

助成の対象となる治療

  • 不妊治療のうち、体外受精および顕微授精、男性不妊治療
  • 医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中止した場合(卵胞が発育しない等により卵子採取以前に中止した場合を除く)
  • 夫婦以外の第三者から提供された精子・卵子・胚による不妊治療・代理母・借り腹による治療は除く

補助金交付までの流れ(旭川市)

1.指定医療機関での受診

2.治療修了(治療を終了した年度内に申請)

3.市保健所保険指導課、または指定医療機関で申請書を受け取る

指定医療機関(当院)で受け取る場合

  1. 指定医療機関での受診
  2. 治療修了(治療を終了した年度内に申請)
  3. 市保健所保険指導課、または指定医療機関で申請書を受け取る

市役所で受け取る場合

  1. 夫、妻それぞれの所得証明書(税制課諸税係)
  2. 住民票、戸籍謄本など(市民課)
  3. 旭川市特定不妊治療費補助金申請書(様式1号:保健指導課)

4.申請書一式を保険指導課に提出

5.補助金の交付決定・旭川市特定不妊治療費補助金決定通知書(様式3号)送付

6.補助金交付(約2?3週間後)

申請期限や手続きなど、さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

不妊症の治療専門サイト

ページ上部への矢印